★ “音楽を愛する人たちのサポーター” 柳楽 正人 (なぎら まさと)

 1970年島根県出雲市生まれ。京都市立芸術大学音楽学部ホルン専攻卒業。大阪シンフォニカー(現・大阪交響楽団)をはじめ、ホルン奏者として関西を中心に活動。演奏活動を続けるうちに、自分で演奏をするよりも、もっとたくさんの素晴らしい音楽を紹介したいという思いが強くなり、プロとしての演奏活動に終止符を打つ。

 以来、“音楽を愛する人たちのサポーター” になることを生涯の目標に掲げ、楽譜専門販売店「ササヤ書店」、CDショップ「ヴァージンメガストア」神戸店、総合音楽ショップ「JEUGIA」三条本店・四条店・梅田ハービスENT店のクラシックCDスタッフなどを歴任。CDショップで働いているときに「音楽は人の営みである」という原点に気づき、CDという『モノ』を売るのではなく、もっと直に『人』を感じてもらえる仕事がしたいと考えるようになる。

 そのさらなる理想を求めて、大阪音楽大学の事業法人である株式会社テスタに転職し、音大専属の演奏家派遣スタッフに就任。それまでの音楽経験で培った耳を頼りに、若手音楽家のコンサートやライブを聴き回り、個性的で魅力溢れる音楽家を開拓・起用し各会場で好評を得る。2011年に同社を退職、個人事務所「オフィス・ミュージックメッセージ」を設立。幅広いジャンルに渡る音楽ネットワークをフルに活用し、バラエティに富んだ質の高い音楽を届けている。

★ 「ジャズオーディオ・ディスク大賞2011」特別賞を受賞

 柳楽正人が企画・制作し2011年8月にリリースした、東日本大震災復興支援アルバム「道」が「ジャズ批評 第6回ジャズオーディオ・ディスク大賞 2011」に於いて特別賞を受賞しました。この年の特別賞はジャズ・シーンでリリースされた震災復興支援関連のアルバムが選出され、アメリカのトップミュージシャンが集結した「Jazz For Japan」や小曽根真、アロー・ジャズ・オーケストラなど大きな話題となったアルバムなどと並んでの受賞となりました。

 発売から時間が経っておりますが、地道に手売り販売をしているので現在も購入していただけます。税込み1枚1,200円です。送料無料で全国にお送りしています。 → 東日本大震災復興支援アルバム『道』

★ 毎日新聞に掲載されました

 2012年5月26日の毎日新聞朝刊(阪神版)の人物紹介欄に「高校野球部の応援が原点」という記事が掲載されました。

★ 現在の仕事

  • ミュージックメッセージ 代表
  • MITA HALL(大阪府豊中市) マネージャー
    http://mitahall.jimdo.com/
  • 京都市立芸術大学キャリアデザインセンター 芸術アドバイザー
    http://www.kcua.ac.jp/career/
  • 自然総研・TOYRO倶楽部 「クラシック鑑賞入門講座」 講師
    http://www.toyro.co.jp/
  • 栗東芸術文化会館SAKIRA「プロダクションさきら」講師
  • など